2016.02.22常任委員会を開催しました。

本日、関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会の第2回常任委員会を開催しました。会議にはスポーツ庁、日体協、JOC、JPSA、アスリートネットワーク柳本理事長はじめ多くの皆様にもご参加いただき、次の事項について活発な意見が交わされました。

 

(1)協議事項

①大会基本計画(案)について

②平成28年度事業計画・当初予算(案)について

(2)報告事項

①会場地選定に係る経過及び今後の予定について

②組織委員会の充実・強化について

③大会マスコットの愛称決定及び大会PR大使任命式

 

③の大会マスコットの愛称決定一般公募に関しましては、以下のような結果となりました。

平成27年12月25日に応募〆切で全国より多くの愛称案をご応募いただきました。

・応募総数 1,460点 (男性: 916件、女性: 544件)

(47都道府県よりご応募がありました。)

・年代別申し込み状況

20才未満:34件  20代:168件  30代:260件  40代:364件

50代:373件    60代:147件  70歳以上:114件

 

決定名称    「スフラ」 (「SUFULA」)

受賞者:土井 美幸 様(大阪府在住)

(受賞者命名理由)

大会テーマである“The Blooming of Sport for Life”の中からスポーツ・フォー・ライフの 頭文字を取って名づけました。国際総合競技の発展、日本を世界にアピールする場として、分かりやすく親しみやすい名前にしました。